春が来た春が来たどこに来た
山に来た里に来た野にも来た

夏が来れば思い出す
はるかな尾瀬砥遠い空

秋の夕日に照る山もみじ 
濃いも淡いも数あるなかで

夕焼け小焼けの赤とんぼ
おわれて見たのはいつの日か

雪のふる町を雪のふる町を
思いでだけが通りすぎてゆ

雪やこんこあられやこんこ
ふってはふってはずんずんつもる

海は広いな大きいな
月がのぼるし 日がしずむ

てるてるぼうず てるぼうず
あした天気にしておくれ


Copyright (C) Sakai Houichi. All Rights Reserved.