ぷち水墨画のススメ その1
何事も「プチ」のご時勢である。
水墨画も老人や禅の覚者のように、抹香くさいのはもうやめにしたほうがよいのかもしれない。
水墨画も、いいかげん・イージー・てきとーに描く簡単お気楽プチ水墨画アート!がお勧めなのである。
まずは道具類から紹介しよう。
日本画・水墨画用の筆各種。
骨書筆、面相筆、彩色筆とかあります。
値段が高価なので、専門的な筆は必要ありません。
しかし、高いなりに描きやすいので参考までに。
ぷち水墨画だったら百円ショップの筆でも充分間に合います。
普通の書道用の筆です。
普通はこのようなタイプの筆の太いのと細いのがあればOK!です。
平筆や連筆(れんぴつ)です。
連筆は普通の筆を何本も集めてある筆です。
平行で均等な太い線をを描くのにとても重宝します。
刷毛。広い部分をぬるなら刷毛が必要です。
ぷち水墨画で使いません。たぶん・・・
筆は多くの種類があり、1本1万円委譲するものまで多種多様です。
ぷち水墨画を描くには、
百円ショップなどの書道用絵画用の太い筆1本と細い筆が1本
さいてい2本あれば大丈夫です。
数本あれば、なお良いです。
大中小あります。最低3枚あると便利です。
濃い墨・薄い墨、その中間くらいの濃さの墨を用意します。
3種類くらいの濃さの墨を使うとやりやすいです。
無ければ筆洗と皿1枚でも、普通の食器でも紙皿でもOK。
墨と硯。
なければ墨汁でもいいんです!
落款は印材(石)に彫られた雅号(ペンネーム)です。
印泥は朱肉とか印肉と同じで、落款を押すための朱色のものです。
落款は自分で彫れますが、石なので馴れないと結構大変です。
消しゴムなどに彫刻刀で彫って代用しましょう。
印肉も100円ショップのものでOK!よん。
落款を押すと絵が引き締まって見えるので、是非作りましょう!
TOP
昭和青春画報
昭和怪人夜話
戯言エッセイ
岐阜ネタ
LINK
※誤字脱字アリマス!
TOP 昭和青春画報 昭和怪人夜話 戯言エッセイ 岐阜ネタ LINK
Copyright (C) 2005-2006 SyouwaGahou. All Rights Reserved.