郷愁の味 養老サイダー

岐阜県養老町に「養老の滝」という滝がある。
親が酒を飲みたいというので、孝行息子が養老の滝で水を汲んだら、それがお酒のなったという逸話のある滝である。
金もないのに”酒を飲みたい”という親も親なら、滝の水を汲んで”酒”だと誤魔化そうとする子供も子供である。
このような伝説や逸話には、カフカもビックリな不条理極まりない話が多いので、これ以上のツッコミは無し!である。

ここに「養老サイダー」という炭酸飲料がある。
懐かしくも素朴な味わいの”養老サイダー”は、大手のメーカーには絶対に作り出せないような郷愁を誘う柔らかな味わいがある。
決して極上の味というわけではないが、炭酸の刺激と控えめな甘さが、夏の暑さで渇いた咽を潤してくれる。
養老の滝近辺にある売店やみやげ物屋なら、必ず置いてあると思う。
毎年夏になると、岐阜市やのスーパーでも少量だが販売されることがあるので、必ず買って飲むのだが、この味わいが大手の炭酸飲料に駆逐されることなく、毎年味わえることを願わずにはいられない。

TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
岐阜ネタ
LINK
※誤字脱字アリマス!
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 戯言エッセイ 岐阜ネタ LINK
Copyright (C) 2005 SyouwaGahou. All Rights Reserved.