伝説のモドキ食品 伊深しぐれ

岐阜県関市「大黒屋」で売っている「伊深しぐれ」は、小麦粉のグルテンで作られた”しぐれモドキ”である。
カニカマや人造イクラのような”モドキ食品”は、いかに本物の味と形に近いかが命である。
この「伊深しぐれ」は、とても小麦粉で作ったとは思えないくらいに本物の貝のしぐれに近い味である。
歯ごたえも味も肉系そのものである。
某禅寺の和尚が製法を伝えたとか。
著名人なども結構買いに来るようである。
美味なので、関市に寄ったときなどお土産には良いかも。
(伊深志ぐれ 大黒屋  岐阜県関市新町19 )

しかし、”伊深しぐれ”といい”鰻もどき”の精進料理といい、そこまでして肉系の食品を食べたい坊さんって・・・と思ってしまう今日この頃。
人は肉を食べる時、脳内に麻薬物質が出るとか。
また必須アミノ酸も、肉からでないと摂取できないとか。
某禅寺の坊さん達をよく焼き肉屋で見かけるらしい・・・同市に住んでる知人の目撃談である。
やっぱり精進料理だけでは肉体を維持するのは難しいのだろう。

TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
岐阜ネタ
LINK
※誤字脱字アリマス!
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 戯言エッセイ 岐阜ネタ LINK
Copyright (C) 2005 SyouwaGahou. All Rights Reserved.