怪人 硫酸男

絶望した男は、死を選んだ。
男の婚約者だった女は、金持ちの社長の御曹司との結婚が決まると、ゴミでも捨てるように、さっさと男を捨ててしまったのだ。
生きる希望を失った男は、総てを終わらせようと化学薬品工場の硫酸のタンクの中に飛び込んだのだ。
硫酸のタンクは、ザバーンと波打ち、鰐のように男を飲み込んだ。

ゆっくりと硫酸の液体に沈んでいく男の、口から耳から毛穴の1つ1つから、硫酸がジワジワと滲み込んでゆく。
血液やリンパ液が、硫酸の液体に侵食され、今にも爆発しそうな感覚だった・・・
そして、男の意識がドンドン遠のき、最後には極小の点のようなって消えていった。


突然に、男は目覚めたのだった。
「さっき、硫酸に飛び込んだのは、夢だったのか・・・」
男は、朦朧とした頭で考えていた、そして、ギョッとしたのだった。
男の体はシューシュー音を立てながら煙を発散し、着ていた服はボロボロになって見るかげもない。
「どうしてしまったんだ・・・」
ハッキリしない意識のまま、男は呆然としている。

ふと見ると、男の倒れている場所は、先ほど男が飛び込んだ硫酸のタンクの横であった。
「夢ではない・・・さっき俺が飛び込んだのは、本当の出来事だったのだ・・・!」
体から、シューシューと硫酸の煙を発しながら、男はようやく事態を呑み込みつつあるようだった。
「何故かは判らないが、俺は硫酸の中でも死ななかったのだ!」
男の意識は、しだいにハッキリとしていく。

男は、自分の手や足を見たが、焼け爛れても居ないし、皮膚はケロイド状にもなっていない。
ただボロボロに腐食された服以外、男の肉体は何の変化もしていなかった。
男は立ち上がり、タンクの硫酸液の中へ、恐る恐る手を入れてみた・・・・

男の手には、硫酸の液体のひんやりした感触が伝わり、焼けるどころか、心地よささえ感じている。
「どうも・・・俺の肉体は硫酸に同化してしまったようだ・・・」
咽喉が焼く付くように乾いていた男は、タンクから硫酸液を手ですくい上げ、グビリと飲み干した。
「美味い硫酸だ・・・」
咽喉元を通り過ぎていく硫酸の液体は、新鮮な岩清水のように美味であった。
男は体の奥底から、生命力がジワジワと細胞の一つ一つに行き渡るのを感じていた。

「俺は、生まれ変わったのかもしれない・・・!」
男の意識は、しだいにハッキリしていく・・・・
それと同時に、自分を捨て金に目のくらんだ女への憎悪が、沸騰した湯のように沸々と沸きあがってくるのを抑えられなかった。
「くっそぉ・・・!あの女めっ!」
硫酸人間となった男は、感情の爆発に耐えられないようだった!
「うおぉぉぉーーーー!」
そう叫びながら、憎悪の塊となった硫酸男は、シューシューと煙の出る腐食した足跡を残しながら、工場から消え去って行った。



その鉄筋コンクリート製の集合住宅の部屋の窓からは、青白い蛍光灯の明かりが漏れ、女がまだそこに居るのがわかった。
荷造りを済ませ、明日の引越しの準備を終えていた。
女は、まんまと金持ちの御曹司の心を誘惑し、3日後に結婚式を行う予定なのだ。
これからの豪華三昧の生活を想像し、女はニヤニヤしながら一人でほくそえんでいた。

そんなとき、何処からともなく強烈な化学薬品の臭気が漂ってきたと同時に、鉄製のドアがジュルジュルと人型に溶け始めた。
シューーーシューーーーと、音を立てて崩れ去るドアの腐食する泡を、女は成すすべの無く凝視している。
そして、チョコレートのように溶けたドアの穴から、ボロ布をまとった男が現れた。
「よくも、裏切ったなぁ!」
硫酸男は憎憎しくそう叫ぶと、ペッと唾液を女の顔に吐きかけた!
ぎゃぁぁーー!!
見る見るうちに女の顔は、硫酸と化した男の唾液で見るも無残に焼けただれ、女は悶絶した。



今日も開智小次郎探偵事務所は、大林少年だけが、新聞を読みながら留守番をしていた。
開智先生は怪人百面相との戦いで手痛い負傷を負ってしまい、文子夫人と共に、岩手の大沢温泉に湯治に出かけていて留守である。
「最近、毎日物騒な事件が起こっているな・・・」
新聞の記事を読みながら、大林少年は嫌な予感を味わっていた。

3日前には、結婚を控えた一人住まいの女性の顔に、硫酸がかけられるという事件が起こっている。
昨日には、深夜に、十五銀行の厚さ1mもの金庫の扉が硫酸で溶かされ、現金が強奪された事件が発生している。
今日も、高級貴金属店で、固く閉ざされたはずのシャッターが硫酸で溶かされ、、ダイアモンドや貴金属が大量に盗まれた模様である。
いずれも、犯人は不明のままであったが、硫酸を大量に使用するという手口は、共通していた。

大林少年は、好物の三ツ矢サイダーをグビリと一口飲んだ。
炭酸の泡粒が、咽喉を刺激して心地よい。

すると突然に村中警部が入ってきて、叫んだ!
「大林君!大変だ!直ぐに来てくれ!」
息せき切って話すので、言葉が途切れ途切れにしか聞こえない。
「今、テレビ塔の鉄塔に硫酸男がよじ登っている!」
急いで来たのだろう、ハァハァ息使いが荒く、顔に汗もにじみ出ている。

警部の話によると、今日の深夜、高級貴金属店を襲った犯人を、警官がテレビ塔に追い詰め、今まさに逮捕寸前であるという。
そして、その途中、犯人は硫酸を撒き散らし、警察官数名に火傷を負わせ、パトカーを1台腐食させ鉄屑にしてしまったというのである。
「奴の唾液や血液は、硫酸と同じだっ!・・・・恐ろしい怪人だ!」
村中警部は、大林少年の目を見ながら、恐ろしげに言ったのだった。

「開智先生に、連絡はとれたのですか?」
大林少年は、すぐさま事態を飲み込こみ、村中警部に言った。
「開智先生には、まだ連絡がとれんのだよ・・・弱った・・・」
困り果てた状況である事は、村中警部の慌てようを見れば察しがつく・・・・
「僕でよければ、今すぐにでも出られます!」
大林少年が答えるが早いか、警部は少年の手をギュッと掴んでパトカーに乗せ、そのまま硫酸男の出現したテレビ塔まで直行した。



テレビ塔付近は、警察のパトカーや救急車、果ては何百人ともつかぬ野次馬で騒然としていた。
現場は、どよめく野次馬の声やパトーカーと救急車のサイレンで、警部の話し声も聞き取れないくらいだった。
「大林君、あれを見たまえ!」
そう言って、警部の指差す向こうには、鉄塔の足あたりによじ登った硫酸男が居た!
硫酸男の触った部分の鉄塔が、男の手の形に腐食し、泡と煙をシューシュー出していた。

硫酸男の回りには、十数名の警官が拳銃を構え、男を包囲していた。
「近寄るな!ばか者どもっ!」
そう罵るように叫ぶと、硫酸男は硫酸の唾液を撒き散らした。
その唾液が当たり、数名の警官が火傷を負ったようである。
それを見ていた野次馬も、すこし後ずさりしながら、どよめいている。

「このままではいかん!何とかならんものか・・・大林君!」
村中警部が、弱った表情で少年に聞いた。
「スウェット・スーツと、ガラスの盾を用意してください!これで、とりあえず警官の安全は確保できます・・・」
ちょっと考えながら、大林少年は小声で警部に囁いた。
「それから、ある薬品の溶液を満タンにしたタンクローリーと、消防車も用意してください!」
それを聞き、中村警部は、警官たちに叫んだ!
「タンクローリーと消防車を、大至急用意しろっ!」

しばらくすると、急ごしらえで作られたガラスの盾を持ち、スウェット・スーツを着用し、ダイビングでもするかのような出で立ちの警官が十数名待機した。
そして、ある薬品を満タンに詰め込んだタンクローリーも到着し、少し遅れて消防車がテレビ塔の下付近に到着。
それらが、待機し、支持を待っている。

拡声器を口にかざして、警部が硫酸男に話しかけた。
「お前は完全に包囲されている!絶対に逃げられんぞ!無駄な抵抗は止めろ!」
テレビ塔の広い広場の空間に、村中警部の威勢のいい声が響きわたった!
「愚か者め!俺を捕まえられるものか!」
硫酸男は、せせら笑いながら叫んだ!
そう言うと、硫酸男はピュッと唾液を、警部めがけて吐きつけた。
男の硫酸が、村中警部の拡声器に命中し、拡声器が泡を出しドロドロと溶けていく・・・・

「くそっ!硫酸男め!!」
忌々しそうに警部が言った。

「お前らには、俺は捕まえられん!良く見ておけ!」
そう大声で叫ぶ硫酸男は、いきなり猿のようにテレビ塔を登り始めた。
鉄塔の中くらいの部分まで登ると、硫酸男は叫んだ。
「これから、このテレビ塔を倒してみせる!」
叫ぶが早いか、男は硫酸の唾液を鉄塔の部分にダラダラとかけはじめた。
テレビ塔の鉄塔が、角砂糖が溶けるように簡単に腐食し始め、ブクブクと泡を吹いている。

「硫酸男めっ!僕等と市民を道ずれにする気だなっ!」
小林少年は叫んだ!
「テレビ塔が倒壊したら、何百人もの人が死ぬかもしれん!」
村中警部も叫んでいた!

「仕方がない・・・硫酸男を撃てっ!!」
警部が、待機していた警官達に命令した!
ズギューン!パーン!パーン!・・・・・・!!
何発もの銃声が鳴り響き、硫酸男めがけて弾丸が飛んでいった!

パスッ・・パスッ・・・
気の抜けたような音をたて、何発かの弾丸が硫酸男に命中した。
硫酸男の体に当たった弾丸は、瞬時にして腐食し、蒸発していった。
何事も無いような顔つきをして、硫酸男はニヤリと笑っている。
テレビ塔の鉄塔の1本が、もう少しで完全に腐食され、ちぎれそうになっていた。

「止むえない・・・」
そう思った大林少年は、消防署員に聞こえる大きな声で叫んだ!
「今です!苛性ソーダの溶液を放出してください!」
待機していた消防署員たちは、消防車のホースから、タンクローリーの中の苛性ソーダ溶液を勢い良く放出させた。

ヌルヌルした強アルカリ性の苛性ソーダ溶液が、硫酸男の体に、滝のように止めどもなく当たっている。
ドドドドッーーーー!!
容赦なく放出される苛性ソーダ溶液が、硫酸男の体液を中和させている。
ぐぐぐぅぅ〜〜〜〜!
奇怪な声を上げ、硫酸男の体からは、見たこともないような白い煙が濛々と立ちあがっていく。

硫酸男の顔が、泡に包まれ、ドロドロと溶け始めた・・・・
グッエッ・・・
悶えながら、硫酸男の手や足も泡だらけになり、白い煙をシューシューと立ち上げている。
そして、ジュルジュルとゼリーのようになって溶けた硫酸男の骸が、テレビ塔の鉄塔にこびり付いて不気味だった。

「苛性ソーダ溶液を止めてください!」
大林少年は言った。
硫酸男の着ていた衣服だけが、鉄塔の上の強い風にあおられ、ヒラヒラと舞い落ちてきた。
辺りは、濃硫酸の薬品の激臭で、息をするのもやっとだった。

「終わりましたね・・・」
大林少年が、ほっとして警部に言った。
「そうだな・・」
警部も、静かに答えた。

救急車のサイレンが、テレビ塔の頂上にも届くように響いている。
ザワザワした野次馬の声も、少しは静かになったようだ。



数日後・・・・
テレビ塔にこびり付いた、そのゼリー状の物は、光に当たり緑色や紫色に乱反射し、妙に不安な気持ちを煽り立てるようだった。
鉄塔の清掃の作業員達が、その硫酸男の骸である、ゼリー状の物を見て話している。
「気持ちの悪い物だなぁ・・早く取り除いてしまおう・・」
その物質を剥がそうとスクレーパーを当てた瞬間・・・
そのゼリー状の骸が、クネクネと波打ったように変化し、いきなり硫酸男の顔の形になった!
そして、その顔がニヤリと笑った瞬間、作業員の顔に唾液をビュッと吐きかけた!
ぎゃぁーーー!
激痛に耐えかねた叫び声が、テレビ塔の町に木霊した・・・・・

TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
LINK
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 エッセイ LINK