絶望した男は、死を選んだ。
男の婚約者だった女は、金持ちの社長の御曹司との結婚が決まると、ゴミでも捨てるように、さっさと男を捨ててしまったのだ。
生きる希望を失った男は、総てを終わらせようと化学薬品工場の硫酸のタンクの中に飛び込んだ。
硫酸のタンクは、ザバーンと波打ち、男を飲み込んだ。

ゆっくりと硫酸の液体に沈んでいく男の、口から耳から毛穴の1つ1つから、硫酸がジワジワと滲み込んでゆく。
男の意識が、ドンドン遠のき、最後には極小の点のようなって消えていった。

突然に、男は目覚めたのだった。
「さっき、硫酸に飛び込んだのは、夢だったのか・・・」
男は、朦朧とした頭で考えていた、そして、ギョッとしたのだった。
男の体はシューシュー音を立てながら煙を発散し、着ていた服はボロボロになって見るかげもない。
「どうしてしまったんだ・・・」
ハッキリしない意識のまま、男は呆然としている。
ふと見ると、男の倒れている場所は、先ほど男が飛び込んだ硫酸のタンクの横であった。
「夢ではない・・・さっき俺が飛び込んだのは、本当の出来事だったのだ!」
体から、シューシューと硫酸の煙を発しながら、男はようやく事態を呑み込みつつあるようだった。
「何故かは判らないが、俺は硫酸の中でも死ななかったのだ!」
男の意識は、しだいにハッキリとしていく。

「くっそぉ・・・!あの女めっ!」
男はハッキリしていく意識の奥底から、自分を捨て、金に目のくらんだ女への憎悪が、沸騰した湯のように沸々と沸きあがってくるのを抑えられなかった。
男の咽喉が焼く付くように乾いている・・・
男は、シューシューと硫酸煙をあげながら立ち上がり、タンクから硫酸液を手ですくい上げ、グビリと飲み干した。
「美味い硫酸だ・・・」
飲み干した硫酸液が、体の細胞一つ一つに行き渡るのを、男は感じ取っていた。

1歩1歩あるいて行く男の足跡からは、床の腐食した煙と泡がブクブクと出て、もはや男が人間ではないことを示しているようだ。
ふと窓ガラスに映し出された自分の姿を見て、男は正気を失った。
目は真っ赤に充血し、髪の毛は全部抜け落ち、手や足は硫酸に毒され、紫とも緑色ともつかない色に醜く変色している。
所々、体の肉は焼けただれ腐食し、息をするたびに内臓の一部や骨が見え隠れしている。
ぐがぁぁーーーー!!と、男は狂気の悲鳴を上げた!
そして、憎悪の塊となった硫酸男は、シューシューと煙の出る腐食した足跡を残しながら、工場から消え去って行った。



その安アパートの窓からは、裸電球の明かりが漏れ、女がまだそこに居るのがわかった。
荷造りを済ませ、明日の引越しの準備を終えていた。
女は、まんまと金持ちの御曹司の心を捉え、3日後に結婚式を行う予定なのだ。
これからの豪華三昧の生活を想像し、女はニヤニヤしながら一人でほくそえんでいた。

そんなとき、何処からともなく、木の焼けるような臭いと強烈な薬品の臭気が漂ってきた。
きゃぁぁぁーーーーー!!
突然、アパートのドアが乱暴にこじ開けられ、女の悲鳴がアパート中に響き渡った。
「よくも、裏切ったなぁ!」
爛々と光る真っ赤な目を見開いて、硫酸男は憎憎しくそう叫ぶと、ペッと唾液を女の顔に吐きかけた!
ぎゃぁぁーー!!
女の顔は、硫酸男の唾液で見るも無残に焼けただれ、女は悶絶した。



今日も明智探偵事務所は、小林少年だけが留守番をしていた。
明智先生は怪人二十面相との戦いで手痛い負傷をしてしまい、文代夫人と共に下呂温泉に湯治に出かけていて留守である。
すると突然に中村警部が入ってきて、叫んだ!
「小林君!大変だ!直ぐに来てくれ!」
息せき切って話すので、言葉が途切れ途切れにしか聞こえない。
「今、テレビ塔の鉄塔に硫酸男がよじ登っている!女を抱きかかえているので手をだせない、なんとか良い知恵はないか!」
急いで来たのだろう、ハァハァ息使いが荒く、顔に汗もにじみ出ている。

「明智先生に、連絡はとれたのですか?」
古林少年は、事態が飲み込めないまま、警部に聞いている。
「明智先生には、まだ連絡がとれんのだよ・・・弱った・・・」
困り果てた様子は、中村警部の慌てようを見れば察しがつく・・・・
「僕でよければ、今すぐにでも出られます!」
小林少年が答えるが早いか、警部は少年の手をギュッと掴んでパトカーに乗せ、そのまま硫酸男の出現したテレビ塔まで直行した。



テレビ塔付近は、警察のパトカーや救急車、果ては何百人ともつかぬ野次馬で騒然としていた。
現場は、どよめく野次馬の声やパトーカーと救急車のサイレンで、警部の話し声も聞き取れないくらいだった。
「小林君、あれを見たまえ!」
そう言って、警部の指差す向こうには、鉄塔の足あたりによじ登った硫酸男が居た!
硫酸男の触った部分の鉄塔が、男の手の形に腐食し、泡と煙をシューシュー出していた。
そして、焼け爛れてボロボロになった服を纏った女性が、硫酸男に抱きかかえられ悲鳴をあげている。
「たすけてぇ・・・」
か細い声は、今にも息絶えそうな状態を示しているかのようだ。

「まず、あの女性を助けなければならん・・・どうしたもんか・・・?」
中村警部は、小林少年に言った。
「この状況では、今助けなければ女性は助からないでしょう・・・」
小林少年は、少し考えてから、こう言った。
「テレビ塔の下に、救助用の空気クッションを置いてください。それから・・」
そう言って、小林少年は、タンクローリーにある薬品を満タンにすることと、消防車も呼ぶようにと、指示をだした。
それを聞き、中村警部は、警官たちに叫んだ!
「テレビ塔の下に、救助用のクッションをひけ!それに、タンクローリーと消防車を、大至急用意しろっ!」

しばらくすると、塔の下に救助用の空気クッションが敷かれ、ある薬品を満タンに詰め込んだタンクローリーが到着した。
少し遅れて消防車が、テレビ塔の下付近に到着し、待機し、支持を待っている。
「小林君!準備はできたようだ!」
警部がそう言うと、小林少年が言った・・・
「警部・・あの硫酸男の肩を撃ってください!警部の射撃の腕前なら、大丈夫ですよ!」
警部はちょっと不安げに、小林少年の顔を見た。
「うむぅ・・・仕方がない!やってみるか!」
躊躇している時間は無かった。
硫酸男が、テレビ塔の最上部にまで登ってしまっては、もう手は出せなくなってしまうからだ。

「南無さん!神様!仏様!観音様!」
そう叫びながら、警部は拳銃を構え、そして、撃った!
ドギューーーーン!
銃口から白い硝煙を発し、弾丸は硫酸男の肩を貫通した。

ぐぅぇぇ〜〜〜〜!!
怪物のような奇怪な叫び声を発し、硫酸男は抱きかかえていた女を放した。
どーーーん!と、女は救助用のクッションの中心に落下した。
間髪を入れず、救急隊員が女に走り寄り、抱きかかえて女を救出した。

さっき硫酸男の肩から飛び散った硫酸の血液が、鉄塔の鉄を、ジューと腐食させ、嫌な臭いが漂っている。
テレビ塔の鉄塔では、怒りに満ちた叫び声を上げ、硫酸男がもっと上まで登り始めていた。
どんどん登っていく硫酸男は、テレビ塔の中くらいまで登ると、急に止まった。
そして、唾液をダラダラと流し、鉄塔を腐食させ始めた。
鉄塔の鉄は、まるで角砂糖でも溶けるかのように、泡を発生させながらジュワジュワ溶けている。

「硫酸男は、テレビ塔を倒すつもりだ!」
小林少年は叫んだ!
「硫酸男めっ!我々と野次馬を道ずれにする気だなっ!」
中村警部も叫んでいた!

鉄塔の1本が、あと少しで腐食され、ちぎれそうだ!
「今です!苛性ソーダの溶液を放出してください!」
小林少年は、消防署員に聞こえる大きな声で叫んだ!
待機していた、消防車のホースから、タンクローリーの中の苛性ソーダ溶液が、勢い良く飛び出した。

ヌルヌルした強アルカリ性の苛性ソーダ溶液が、硫酸男の体に、滝のように当たっている。
ドドドドッーーーー!!
容赦なく放出される苛性ソーダ溶液が、硫酸男の体液を中和させている。
ぐぐぐぅぅ〜〜〜〜!
奇怪な声を上げ、硫酸男の体からは、見たこともないような白い煙が濛々と立ちあがっていく。

瞬間に、硫酸男は手を滑らせ、まっ逆さまに転落した。
グチョッ!!
鈍く嫌な音を立て、硫酸男は、テレビ塔下のコンクリートの地面に激突した。

濛々と煙が立つ落下地点に、小林少年と中村警部は急いだ!
激臭のする中、口をハンカチーフで押さえながら、2人は硫酸男を見た。
そこには人間の形は無かった・・・・
硫酸男は、ブクブクと泡だけを残し、液状になり溶けて消滅していたのだった。

パトカーのサイレンが、テレビ塔の頂上にも届くように響いている・・・・

TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
LINK
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 エッセイ LINK