学校の帰りにいつも通る小高い丘で、僕は突然バッタリと夕焼けマンに出会ってしまった。
夕焼けマンも僕を見て、ギョッとした表情をしていた。

「・・・や・・やぁ・・」
夕焼けマンはドギマギしながら、手を小さく振り僕に挨拶している。
「・・こんにちわ・・」
僕も戸惑いながら、つられて挨拶をしてしまった。

夕焼けマンは、ペンキをタップリ含んだ刷毛で空に色を塗っていた。
ペタペタと、それは凄い勢いで、青い色の空を夕焼けの赤い色に塗り替えている。
僕に突然に発見されてしまったので、今は刷毛を空から外し右手に握ったままブラブラさせている。

「何をやってるのですか、夕焼けマンさん!」
僕は尋ねてみた。
夕焼けマンは、本当にギョッとした顔で僕の顔を見ながら言った・・・・
「な、なぜ、俺の名前を知ってるんだ・・・・??」
男の目がキョロキョロと定まらない感じだった、きっと知られてはいけない事だったのかもしれない。
「あ・・・」と少し間をおいて僕は答えたのだった。
「だって、その服の胸の部分に書いてあるよ・・・」
僕は、男の服を指差しながら言った。
そうなんだ、男の作業着のような服の胸あたりに(夕焼けマン)と書いてあったのだ。
しかも、それは印刷や刺繍のようなカッコイイ文字じゃなくって、自分でペンキで書いた下手糞な手書き文字だ。

「あああ・・・そうかっ!自分で胸に書いてたんだっけ!?」
いやぁ〜まいったまいった・・という感じの仕草で、男は自分の頭を掻く真似をしていた。
「・・しかし、人間の少年に会うのは久しぶりだなぁ。」
そうして夕焼けマンは、夕焼け色のペンキのついた刷毛を軽く1回転させた。

怪しい・・怪しすぎる!
胸に書いた文字も怪しいが、こんな時間に空に色を塗ってるなんて。
非常に、大変に、猛烈に、ムチャクチャ怪しい!!
僕は、声をかけたのを少し後悔し、何も言わないようにして少し後ずさりし始めた。
「ああ・・今、君はヤバイ!逃げようと思ってるね・・」
男は、そんに怖がらなくてもいいという風な感じで、ちょっとおどけて言ってみせた。

僕はほんの少しだけだったが、安心した、が、逃げる準備はシッカリしていた。
こうやって、おどけたふりをして、いきなり襲いかかるって事もないとはいえないからね。
「ああああ・・・その目つきは、まだ不気味な」やつと思ってる感じの目だなぁ・・・」
僕の心の中を見透かしたように、夕焼けマンは右目をウィンクさせながら言った。
しかし、夕焼けマンのウィンクは右目を閉じると同時に、左目も少し閉じてしまうのだった。
「あなたは、人の心が読めるのですか?」僕は言ってみた。
「・・いやぁ・・ただ当てずっぽうに言ってみただけさっ!」夕焼けマンは、また両目ウィンクをして僕に言ったのだった。

夕焼けマンはつなぎのズボンに赤いシャツ、髪の毛は長くてバンダナを鉢巻にして頭に巻いている。
そう、それはまるで、昔流行ったフォークシンガーみたいな格好だ。
なんだか知らないが、夕焼けマンは怪しいやつだが悪い奴では無さそうだ。

「どうだい、俺が怪しくない奴だという証拠に、バケツの中のペンキを見てみるかい!」
夕焼けマンが僕に言いながら、大きなバケツの中を見せてくれた。
夕焼けマンが空に塗るペンキは、不思議なペンキだった。
赤い色だと思うと黄色に変わったり、黄色だと思って見てると紫色に変わったりする、つまり一定の色ではなく「夕焼けの色」なのだ。
刷毛についたペンキも空に塗るたびに7色に変化する。
いや、7色どころじゃない、10色にも20色にもみるみる変化していく。

夕焼けマンは、僕に言った。
「こんなペンキ、どこへの店にいったって買えるもんじゃないぜっ!」
かなり自慢げに夕焼けマンは、エッヘンとでも言った感じで胸を張ってみせた。
「ちょっと触ってみてもいいんだぜっ!」
そう言うと、夕焼けマンは僕のほうにバケツを近づけてきた。
僕は、おそるおそるそのバケツに手を突っ込み、ペンキに触ってみた。
少しヒンヤリとして気持ちがいい手触りだ。
夕焼け色のペンキの付いた僕の手は、赤や黄色や朱色や紫色に変化している。
あんまり綺麗な色だから、しばらく何も言わないでジッと見つめていた。

そうすると、夕焼けマンがまた自慢げに言ったのだ。
「どうだい、素敵なペンキだろう。色だけじゃなくって、いい匂いもするんだぜぇ!」
僕にそう言いながら、自分の刷毛についてるペンキの匂いをクンクンと嗅いでいる。
僕も、自分の手に付いたペンキに、鼻を近づけてみた。
いい香りだった・・・春のような匂いだ。
花の香りだとか草の匂いだとか、そんな匂いがフワッと優しくしている。
もう一度、ペンキに鼻を近づけて、匂いを嗅いでみた。
すると、さっきと違って、海の香りや森のさわやかな匂いも、うっすらと匂っていた。

「・・・夕焼けってのは、人の心を優しくしてくれたり、元気ずけたりしてくれるもんさ!」
夕焼けマンは、そう言うと遠くを眺め、フッとため息をついたように見えた。
「哀しい時に夕焼けを見る、楽しいときに夕焼けを見る、恋をしたときも失恋したときも、夕焼けを見る。そんなことばかりしてたら、いつのまにか夕焼けマンになっちまったのさ・・」
聞いてもいないのに夕焼けマンは、僕にそんな経緯を説明してくれた。

「ところで、手に付いたペンキは、どうやって落とすのかなぁ?」
あんまり綺麗だったので気がつかなかったけど、気になるので僕は、夕焼けマンに聞いてみた。
「絶対に落ちない!」夕焼けマンは、きっぱりと言った。
「えぇぇ〜!そんなぁ〜!」僕は、ちょっと怒ったように叫んでいた。
「いやぁ・・大丈夫、大丈夫。夕焼けの時間が終われば、自然に消えるから。」
ちょっと笑ったように、夕焼けマンは言ったのだった。

「俺の担当は夕焼けだが、夕焼けが終わるころには、星空マンが、星空のペンキを空に塗るよ。」
え〜?なんだ、その星空マンってのは?夕焼けマンが、また妙なことを言うもんだから、僕は悩んでしまった。
「そうなんだ、空ってのは、みんな俺の友達がペンキを塗って出来上がってるんだぜ?知ってた?」
夕焼けマンが、またそんな爆弾発言をするので、たまらず僕は叫んでいた。
「そんなこと知るわけ無いよ〜!」
そう言いながら、妙に可笑しくなってしまい、笑ってしまっていた。
怪人夕焼けマンも、大きな声で笑っていた。

「青空を塗るのは青空マン、曇りの空は曇りマン、朝焼けを塗るのは朝焼けマンっていうわけさっ!」
外国の映画の人みたいに人差し指を立てておどけてい言うので、また僕たちは笑ってしまった。
「そうそう、朝焼けマンと俺は、けっこうウマが合うんだぜっ!」
両目を閉じてしまう、下手糞なウィンクで、夕焼けマンは僕に向かって言った。
だんだん楽しい気分になってきて、時間も経つのも忘れそうだった。

そんなマッタリした気分でいた時、突然に空の上の方から、大きな大きな声が響いた!
「こらっ〜!サボるな夕焼けマン!もう時間が無いぞっ!」
あまりに大きな声だったので、僕は耳をふさいでしまった。
「ああ!すみません親方!」
夕焼けマンは、ビクッとしながら答えている。
「早く夕焼けを塗り終わらないと、星空マンがしびれをきらして待ってるぞ!」
空からの親方の声は、怖そうな声だった。
「ここにいる子供と話こんでしまたっもんで・・・」
決まり悪そうに、夕焼けマンは言い訳している。
「なに!また人間の子供に見つかってしまったのか!不注意にも程があるぞっ!」
たしなめるような口調で、親方の声は響き渡る。
「すいません・・」夕焼けマンは、頭をかいている。

「そこの子供!」低音の響く声で、親方が僕に言った。
「な、なんですか・・・」僕は、怖くなって答えた。
「今日のことは、誰にも話してはいかんぞっ!さもないと・・・」
空の親方が、恐いような声で含んだ話し方で言った。
「さもないと・・・・なにか恐いことがあるんですか・・・」僕は、かなりビビッてしまっていた。
ちょっとだけ間をおいて、親方は言った。
「特に何もない!特に何もない!安心しろ!がっはっはっ・・・!」笑い声が、空中に響き渡った。

夕焼けマンも僕もホッとして、つられて笑ってしまっていた。
わっはっはっ・・と、3人の笑い声が、まだらに塗られてしまった夕焼け空にこだまする。

笑い声がとまったころ僕は言った。
「もうそろそろ帰るよ」
「おお、もうこんな時間になっちまった。親方すみません、今日はこの辺で止めます」夕焼けマンは空の方角に向かって大きな声で叫んだ。
「まぁ、仕方が無い。明日はちゃんと仕事をするんだぞ!」親方は、しょうがないなといった声で夕焼けマンに言った。
そんな二人の会話を聞きながら、僕は夕焼けマンに手を振りながら小高い丘を急いで下りて行った。

夕焼けマンが塗り忘れた、まだらの夕焼けを見上ながら僕は家に帰った。
玄関を開け「ただいま〜!」と言うと、お母さんの声が「もうすぐご飯だからね〜!」と台所から元気よくした。
僕は、そのまま2階の自分の部屋に行き、窓を開いて、もう無くなりかけの夕焼けを眺めた。
夕焼けマンが手を抜いてしまったので、所々夕焼けだったり青空だったり星空だったり変な空だったが、きれいな夕焼けだった。
そして、僕の手についた夕焼け色のペンキが、赤くなって紫色になって青くなって最後には消えてしまった。
窓の外は、もうすっかり星空マンのペンキ塗りの作業が終わったようだった。

Copyright (C) 2007 Sakai Houichi. All Rights Reserved.
  

TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
LINK
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 エッセイ LINK