風に吹かれて嵐を呼ぶ本屋 U
Nonstop The 本州1/2横断2000Km! 曇りのち宮沢賢治ときどき露天風呂!
其の一 ポットホールの竜の玉 長良の川へ帰えりゃんせ!


唐突に、その電話は繋ってきた。
「こんど、青森の六ヶ所村で命の祭りがあるんだけど、行かないか?」
飛騨の高山で絵本専門店をやっている中上さんからの電話だった。
「おお、またお祭りコンサートか?」と、俺は答えた。
「六ヶ所村で核廃棄施設ができるやろ、それの反対派のライブのようや」
続けて中上さんは言った。
「ほら、あの南正人が主催でやるみたいで、鳥取の大山のコンサートと同じ感じやで」
あの大麻で何度も逮捕され、それでも懲りない自称未来人の南正人は、1970年代から続いているフォークシンガーであり、ヒッピー達の兄貴的存在でもある。
俺は少し沈黙してしまった、なぜかと言えば、それは南正人の主催であるからヒッピー達がワンサカ押しかけて、結構面倒くさいことになりそうだからだ。
そして俺は言った。
「俺の場合はアナーキストなんで、そいう反対とか賛成とかのコンサートは・・・・・」
街中の仙人生活推進主義者の俺としては、政治的な行動は極力慎みたいのだ。
ましてや、団体でのシュプレッヒコールやら、著名運動やらは断じて御免蒙りたい。
「あれやで、核反対コンサートやけど、ただの普通のコンサートみたいやで」
中上さんは、たいして気にもならない様子でそう言い、もう行く気でいるようだ。
「う〜ん・・・・」俺はしばらく考えたが、行くことに決めた。
プラスマイナスでお祭り野郎の血が騒ぎ、ちょっとだけプラスにメーターが振れたといったところだ。
「おお、そんなら、今度の8月14日の夜に高山まで来てくれんか?」
「そうやな、青森の六ヶ所やったら日本海側を走った方がいいかもな・・・」
結局、そんなこんなで8月14日に六ヶ所で行われる「命の祭り」に参加することになってしまった。
そしてまた、あの温泉付珍道中の始まりとなるだろう。



このまま何も起こらず順調に旅に出かけられれば、天下泰平・世は事も無し状態の楽しい旅になるだろうに。
六ヶ所村へ行く前日に奇怪な電話が掛かってきた。
それは浜中さんからの電話であった。
浜中さんが奇怪と言う訳では、まったくない。
そればかりか浜中さんは、昭和風な表現をすれば「トランジスターグラマー」と呼べる、小柄だが美人の女性である。
「今、面白い人といるの、酒井さんもこっちへ来ない?」
「面白いって、どんな風に?」
「とにかく、来て話を聞けば面白いから!」
結局、女に甘ゆるい性格の俺としては、嫌々ながら浜村さんとその怪しい人物の居る場所へと行かざるを得ない羽目になってしまった。
いつも思うのだが、この「女に甘ゆるい性格」をなんとかしたいのだが、きっと痛い目にでも合わなければ直らないのだろうと思う。

浜中さんに呼ばれた喫茶店に行くと、2人はそこに居た。
ラフな格好をした浜村さんと、怪しげな爺さんが珈琲を飲みながら歓談をしている。
「あっ・・どうもぉ・・」
その怪しい爺さんを眺めながら、俺は曖昧な挨拶をしていた。
「北村さんの話が面白いので、呼んじゃった、ごめんね・・」
浜中さんは、少しだけ申し訳なさそうな態度で、俺に話しかけた。
名古屋人なのに流暢な標準語を話す浜中さんを嫌いではないが、隣に居る爺さんの存在が気になる。
「酒井さん。明日六ヶ所村へ行くでしょう?」
「まぁ、そーゆー事です・・・」俺もつられて標準語で話している。
「なんか、この外道(そとみち)さんが頼みたいことがあるんだって」
「・・・頼みたいこと・・・?」なんか嫌な予感に駆られながら答えた。
「実は、この丸い石を六ヶ所村のどこかに埋めてほしんじゃ」
視線が泳いで定まらないような表情で、その外道老人は俺に言った。
そして、こぶし大くらいの丸い石を、大事そうに見せた。
「その石に何か意味があるんですか?」
俺は、訝しげに石を見つめながら、ぶっきらぼうに言ったのだった。
「これは、竜の玉なんじゃ・・・」石をなでながら爺さんは、つぶやくように言う。
「・・・・・・・・・・・・・?」俺は、なんともかんとも答えに詰まってしまった。
爺さんの焦点の定まらない目線と、おどおどして何かに脅えたような口調は、妙に俺のカンに触る。
そして、竜の玉だって?・・・精神がかなり行っちゃってる人間に相違ないことは理性のある人間なら一瞬で分かる。
『嫌な予感は、やっぱり当たってしまった』心の中で後悔の念が沸々と湧き上がってくる。
『ちょっと美人だからって、女の言うことにホイホイ乗せられるもんじゃないな!』サイダーの泡のように、プチプチと湧き出る後悔がどうしようもない脱力感となって襲ってきてしまった。

「ああ、それで、その石を持っていけばいいんですか?六ヶ所村へ?」
標準語だが投げやりに俺は言ったが、まともに答えるのも阿保らしい気分で一杯だった。
しかも、標準語で丁寧に話している自分にも腹が立ってくる。
『こんな事にまともに付き合ってる俺って、馬鹿?!』そんな自責の念に駆られてしまっている。
「酒井君さぁ、せっかく六ヶ所村に行くんだから、もって行って埋めてあげてよぉ」
妙に甘えた言い方の浜中さんの精神も疑いたくなる、そんなダークサイドな雰囲気が喫茶店一杯に溢れてるぞっ!そう叫びたくなる衝動を抑えた。
「それってポットホールで丸くなった石ですよね・・・」俺は冷静に、その丸い石を指差しながら批判を交えた口調で言った。
「いや、これは九頭竜湖の湖畔に埋まっていた、竜の玉なんじゃ!」爺さんは反発するように、俺に言った。
「九頭竜湖といえばV字谷に作られた人造湖で、激流に流されたそういう石は沢山あると思いますけど・・」まともに答えるのも脱力だ。
「いやいや、この石は特別な物です」爺さんは、さっき以上に強調して反論してきた。
「この石は、人類を救う平和の石なんですよ」信じないお前は馬鹿者だとも言いたげに、爺さんは大げさに話している。
『あんた自分で世界を救えよ!』と怒鳴りたい気分だった、が、良識ある人間は阿呆な爺さん相手にも冷静を装わなくてはいけない。
「それで、なんで、その石を六ヶ所村に埋めると人類にご利益があるんですか?」飽くまでも紳士的な口調で俺は言う。
「それは、あんた、竜が六ヶ所村のプルトニウムの放射能を食べてくれるんですよ!」爺さんは、凄いでしょ!とも言いたげに言う。
『竜って、ゴジラかっ?!』心の叫びが、俺の頭に木霊する。
「この石は、その竜を呼び寄せるためにもんなんですよ」鬼の首でもとったかのように、自慢げに話す阿呆爺さんを見るにつけて、脱力感が波のように押しては返す。
「このことは誰も知らない事で、秘密にしておかなければならないんです」そう言いながら、ニソリと笑う爺さんの顔にパンチを食らわしたい気分だ。
映画なら、ここで一発爺さんの顔をぶっ飛ばした場面が挿入される所である。
『そんな秘密聞きたくも無いぜっ!』そう言いたかったが、何も言わずに珈琲を1杯ゴクリと飲み込んだ。
そんな間に、俺の頭の中は断りの言葉を見つけるので、フル回転していた。

前回は、台風19号。今回は、この爺さんが嵐ということなのか?
『そうではないだろ?ただのキ印の老人だろう・・・誰かそう言って慰めてくれっ!!』俺の心の叫びが聞こえる。

そんなこんなで、もう2時間以上も外道老人のヨタ話を聞かされている。
大人しく聞いてはいるが、心の中は不愉快さと苛立ちで一杯であった。
なにしろこの爺さんの話は、自分の生い立ちから延延と今に至るまでを、休みなしに話し続けているのだ。
しかも、訳の分からない竜の話やら神道の話など、どーにもこーにも胡散臭さ200%である。
こちらに話をさせる隙を見せず、連打につぐ連打の妄想の嵐である。

「おおっ!そうだ、家の家内も呼びましょう。ちょっと電話をしてきます」
話を急に止め、いきなり電話をしに席を立っていった。
その隙に俺は浜中さんの言ったのだ「あの人、頭おかしいんとちゃうの?」
浜中さんも、ちょっと困惑しながら「そんなことはない」といった表情をしていたが、返事が無い。
俺はもう、この場所から早々に退散したい気分だ。

外道老人は電話をすると、直ぐに戻ってきた。
「直ぐに家内が来ますので、待っておってください」
そう言いながら、老人はまた妄想話の続きをはじめた。
もう俺は、そんな話など全然聞いていなかった。
腹も減ってきたし、明日の準備もある。

カランカランと喫茶店のドアが開く音がして、キ印爺さんの奥さんが入ってきた。
予想を大きく外れて、その女は地味だったが若くて美人だった。
爺さんと二周り以上は年が離れている感じだ。
「こんにちわ」そう女は挨拶をして、老人の隣に座った。
俺と浜中さんも、その女に挨拶をした。
「家内は、元巫女をやっていてね・・・・龍神様のご縁で一緒に暮らしているんですよ・・」
ニソリと助平そうな笑みを浮かべ、爺さんは、今度はその女の生い立ちまで話しはじめたのだった。
女の方は、爺さんを見つめながら、ウンウンと相づちをうっているだけで、あまり話そうとしない。
もういい加減にうんざりしていた俺は、爺さんの話に強引に割り込み、こう言った。
「ちょっと、腹が減ってきたので、何か食べませんか?」爺さん達の返事も聞かずに、俺はメニューを見てエビピラフを4人分注文をした。
ちょっとだけ沈黙が流れ、俺はほっとした気分だった。


「エビピラフです」そう言いながら、ウエイトレスがテーブルに皿を並べている。
テーブルの上に皿が出された瞬間に、老人と女は犬のようにピラフを口にほうばって、味わう暇もないくらいの速さで平らげてしまった。
俺と浜中さんは、まだモグモグ、ピラフを食べているというのに。
腹もふくれてほっとしてたら、やにわに女は手のひらを合掌させ何かブツブツと祈りのような事をし始めた。
「挙協禦亨虚叫欠sp卜吠帽剖穆肪НИЖЕУ*&%#ОЛリヨン゙メ蕘ラノレ・・・・みき・・・・まうす」
判読不明のお呪いのような言葉だったが、最後の「まうす」だけは聞き取れた。
最後の部分が「ミッキーマウス」と聞き取れなくも無いみょうちくりんな祝詞のようなものだった。

「今、妻はチャネリングをしているのです」そう言いながら、老人は女の言葉を真剣に聞いている。
チャネリングといえば、霊を呼び寄せるという恐山のイタコみたいなもんである。
元巫女のチャネリングは、喫茶店の他の客のも聞こえたようで、どうにも居心地が悪くなってきた。

「これはもはや限界だ!」そう思った俺は、そのチャネリングが終わるか終わらないかする瞬間に、切り出した。
「とにかく、その丸い石を六ヶ所村へ持っていけばいいんですね!」そう言い終ると、レシートとその石を持ったまま4人分の食事の勘定を払い、さっさと喫茶店を後にした。
結局、4人分の食事代を払わされただけだったような気がする、無駄な時間だった。
外の駐車場に止めてあった車のドアの鍵を開けているときに、浜中さんも喫茶店のドアから飛び出してきた。
「私も帰る〜!乗せてって!」こちれの返事も聞かないまま、浜中さんは助手席のドアを開いて、さっと車に乗ってしまった。


「駅まで送ってよ・・」そう言ったきり車内には長い沈黙が保たれた。
外の景色は、もう夏の夕焼けに染まって美しいとしか言いようが無いほどの景色だった。
後ろの席では、ガタンゴロンと、例の丸い石が転がり、車に傷をつけないか気が気でない。
しばらく走っていくと、長良川添いの道に出た。
俺は、ブレーキを、力いっぱいにかけた。
キーっと車体を揺らしながら車が止まり、俺はドアを開き、後ろでガタガタ転がっていた石を片手で掴み、思いっきり長良川の湖面に放り投げた。
丸い竜の石は、トップンと間の抜けた音を立てながら、夕焼け空を映し出した長良川の水中に沈んでいた。
石の落下した楕円の波紋が幾重にも光り輝いたが、一瞬にして長良川の波にかき消されていった。

浜中さんは、無言でそれを眺め唖然としていた。
「竜のものは竜に返し、地球のものは地球に返せばいいのだっ!これでいいのだっ!」そんな分けのわからない言葉をつぶやきながら、俺は車に乗り込みバタンとドアを閉めた。
「・・・いいの・・?」といった表情で俺を見つめる浜中さんの顔が、赤く夕日の染まって、紅潮しているようにも見えた。
俺はキ印の老人に翻弄されるほど、お人好しではないのだ。
それが浜中さんに理解できたかどうか分からない。

赤く染まる空を流れる雲が、ちょとだけ竜の形に見えたが、、それはただの錯覚にすぎなかった。
しかし、「女に甘ゆるい性格」も今日で少しは是正されたのではないかと思う、俺なのだった。

・・・・続く

Midi music by Bobmarley AfricaUnite
TOP
昭和青春画報
怪人夜話
戯言エッセイ
LINK
TOP 昭和青春画報 怪人夜話 エッセイ LINK